広島県の観光名所あれこれ、安芸地方の見どころ

本州の西端、中国地方に位置する広島県には、たくさんの観光名所、見どころが有ります。広島県は嘗て県西部を安芸、県東部を備後と呼んでいました。そこで県西部を安芸、芸北、そして県東部を備後、備北と分けて、それぞれのエリアの観光名所、名物等について紹介することにします。皆さんも広島県を旅行で訪れることが有りましたら、是非ともこれを参考になさって、広島県観光を楽しんでいただけたら、と思います。
広島県の観光名所と言うと、まずは日本史を代表する名将からも崇拝をされた宮島・厳島神社が有ります。厳島神社は世界遺産にも登録されています。そして言うまでもなく日本三景の一つとして、高い知名度を誇っています。
そんな観光名所に溢れた広島県ですが、まずは広島県西部、広島県の県庁所在地である広島市を擁する安芸地方の観光名所、名物について紹介していきます。
安芸の見所
また広島市の中心部には平和都市・広島を象徴する原爆ドームが有ります。これもまた厳島神社と同様、足を運ぶたびに深い感銘を刻み、世界遺産として名高い人気スポットとなっています。またこれ以外にも江戸の町並が残る御手洗や、日本一短い航路を建造50年以上の木造船が渡る音戸の瀬戸等、瀬戸内海の穏やかな島の風景も広島県の観光の魅力の一つです。また東広島市に有る酒蔵通りも風情に溢れています。
安芸のイベント
5月のゴールデンウィークの3日から5日にかけて行われる「フラワーフェスティバル」は、全国屈指の人出を記録するゴールデンウィーク最大規模のイベントです。昭和50年の広島東洋カープの初優勝がきっかけになったと言われるこのフラワーフェスティバルは、毎年平和大通りを中心に行なわれています。広島市の隣に位置する呉市では、パレードが見ものの「呉みなと祭」が市内随一の人気を誇っています。また、世界遺産を彩る宮島水中花火大会等夏の花火も広島県各地で行なわれていて注目です。
安芸の味

広島県の名物、特に安芸地方で美味しいものとは一体何でしょうか。広島県の名物と言えば、何といっても真っ先に思い浮かべるものの一つがお好み焼きでしょう。薄く伸ばした生地にたっぷりのキャベツや豚肉を乗せ、そこにうどんやそば等を重ねた広島お好み焼は、まさにボリュームたっぷりです。広島のお好み焼きは戦後誕生したのですが、それ以来広島市民の生活にすっかり欠かせない味となっています。全国各地にも数多くのファンを持つ、広島屈指の名物となっています。また同じく広島県の名物として知られているのが海の幸牡蠣です。牡蠣ならば冬期が必食です。特に冬の牡蠣はプリプリとした新鮮な身に、濃厚な磯の香りが詰まっていて、広島県の美食に恥じない味わいを誇っています。

注目サイト

かわいい弁当箱

CDのプレス・作成

美味しさで大人気の富士の赤なたまめ茶はこちら

神奈川の遺品整理ならエムシー・ラクーン

神奈川で人気のゴルフ場